彷徨うおばさん

ブログやるならJUGEM
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -
    << 映画「冷たい熱帯魚」 | main | 地震の一夜が明けて >>

    「ワイルドスワン」

    0
       いま、本を再読してます。

      「ワイルドスワン」上・中・下巻です。ユン・チアン著ですが

      中国の激動を生きた女性の視点で描かれた内容です。
      清朝末期の中国の社会事情は

      パール・バック著の「大地」で読んでましたが
      何度読んでも、凄かったなぁと・・・・

      女性というものが、これほどまで虐げられ、支配され
      (特に、中華人民共和国が成立するまではね)

      今の女性から見ると、信じられませんよね

      でも、新しい世の中を作るんだと情熱を持ち世の中を変えようと
      する若者達の熱気も感じます

      まぁ、当時の社会構造からみると「共産主義」はパラダイスだと
      思っても仕方ないけどね

      「労働者」が一番尊い職業だから、何が何でも「労働者」=「農民」に
      なるようにありとあらゆる人が、今までの考えを変えようと迷走し始めて

      著者の母親が、父親と結婚した頃妊娠して流産しそうな危険な状態でも

      「昔の農民は産まれる直前まで畑仕事をしていて、畑で産み
      へその緒を鎌で切り、働いたんだから!」

      っていう考えで安静になんかさせないで、無理させたりとかね

      1950年代から1960年代までの中国の食糧事情の悪さとか・・・

      いやぁ、とにかく凄いですよね

      私達がいまいってる愚痴とか、不満なんか「すみません<m(__)m>」
      って思っちまいますよ

      でも、ちょっとだけですが
      当時の若い人たちが世の中を良くしよう!って情熱をもっていたことは
      いいなぁと思いますけどね。特に著者の父親なんて理想に燃えた素晴らしい
      指導者だったようですし

      しかし、以前の私はこの本でどこに感じたかと言うと

      「社会の変革期の熱気」「共産主義のパワー」「中国の奥深さ」
      「女性=著者のしたたかさ」あたりかな?

      ところが、今回は・・・・

      もちろん以前のようなことも感じますが

      著者の母親が、父親(この場合は奥さんが旦那に対してかな)に
      夫として愛情を自分に向けって欲しいのに、仕事や崇高な共産主義革命に
      忠実すぎて、愛情はにのつぎになっていることに不満を抱いたり

      家族中心に考えることは当時の中国では「ブルジョワ的」とかいって批判されるんですが

      父親はどんなに家族が大変でも、理想の共産主義を完成させるまではストイック
      にいきようとするんですが、そこに不満を抱いたり・・・

      まぁ、どこでもいつの時代でも

      男と女はお互い不満を抱いたまま生きてくのねぇ

      しかたないわねぇ

      ってことに心の琴線がふれちゃったりしてね

      ほら、私って彷徨ってるじゃないですか
      いまだに、夫婦の理想とか
      家族の理想とか、働く女性として理想とか・・・・

      とにかく「理想」に振り回されちゃってる感じが強くってね

      最近はそこには気付き始めたわけで、そうすると

      しかたないなぁ、もう!

      ってとこに落ち着くわけで。
      こめんなさいね〜、ユン・チアンさん。
      こんな、崇高で壮大な作品なのに、こんなとこに目がいって

      まっ、世の中の男と女はいつまでたっても不満を抱きつつ
      生きてくのね。。。。

      本の感想なのか、だたの愚痴か分かんなくなってしまった。ガハハ

      でも、ユン・チアンさん

      本当に毛沢東大嫌いなのねぇ、一度敬愛していた人に裏切られる
      ここまで嫌いになるのねぇ(怖いわ・・・)


      さっ、ワイルドスワンの次は
      彼女の「マオ」を読むわよ〜

      ハードカバー上下巻だけど、この勢いで読めちゃうわ


      読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - | -

        この記事に対するコメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://nakadai348124.jugem.jp/trackback/66
        この記事に対するトラックバック