彷徨うおばさん

ブログやるならJUGEM
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -
    << 地デジの準備は? | main | TVを消して >>

    愛するということ

    0
       ちょっと前に読んだ本に「ウィーン家族」というのがあります。

      これね


      私は、かなり本は読む方だと思うんですが・・・・小説関係はさっぱりだったんです。
      (いわゆる古典は学校で課題になったりして読んでましたが、最近の作家さんはさっぱり(-"-)読むのは科学系とか、紀行ものや法学系が多いかな、あと漫画もだ)

      でも、最近かなり読むようになりました。

      理由は、自分がすごく視野が狭くて井の中の蛙みたいだなと思ったことがあって。

      なんで、小説を読むことで色んな人の感情を疑似体験してみたいな。。。。と

      その時に、読んだのかこの本。

      あらすじは上手く書けないのでおいといて・・・・

      この中に出てくる、愛することをしない夫(主人公)の妻にすごーく感じました。

      この妻は、愛されることを強く望んでいるひと、愛されることが当たり前と思っている人、そしてなぜ私を愛さないのかと夫を責め続けている人

      ふと、「あれ?自分も・・・」

      arakansinさんのブログに「求めない」事が書かれていましたが。

      私って、この妻のように「求める」事が多いよような気がして
      そして、自分の思ったようにならないといやだ!!っていう気持ちが強い気がして
      とっても我儘で傲慢な気がして

      今まで自分を客観的にみているつもりだったけど、ほんとうにつもりだったな

      この本を読んだ後にしばらく自分が嫌になったりしました(涙)

      でも、こうやって本を読むたびに色んな事に気づけるような感じがして嬉しいけど。
      この本は、ときどき読むようにのこしてます。
      読書 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - | -

        この記事に対するコメント

        爺のブログにもコメント下さり、有り難うございました。
        本当に今度はみんなで会いたいですね。ママんとこ貸し切りで!
        惚れ症なので、kyoko姫やタクシーママに惚れたらどうしよう?
        ノエルママとミサちゃんには既にゾッコン惚れてます(笑)。

        爺も自己嫌悪に陥りましたが、よーく考えてみると我儘や傲慢が
        減ってきたら楽になるのは自分でした!
        なんのことはない、自分がお気楽に暮らせる方法を教えてもらっただけでしたヨ(笑)。
        少なくとも姫の100倍くらい我儘で傲慢な爺より。
        arakansin | 2011/01/11 11:23 AM
        arakansinさん、こんにちわ〜(^O^)
        この本はねぇ、結構きましたよ。ストーリは淡々とした内容なんですけどね。
        この奥さんにね、自分を見た感じがしましたね。ううっ、きつい。きつかったよ。。。
        確かに、わがままや傲慢さがなくなると楽になるのは自分って思います。
        でも、不思議ですよね〜人間って楽になるほうに動くものなのに、この件についてはなかなかそっちに動けない。
        困ったいきもんです。

        ところで、今度本当にノエルママのお店で会いたいですね!
        貸切で!あっ、でもほれないでくださいよ、私は旦那一筋なんで(笑)
        kyotiri | 2011/01/11 11:40 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://nakadai348124.jugem.jp/trackback/33
        この記事に対するトラックバック