彷徨うおばさん

ブログやるならJUGEM
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -
    << 自己顕示欲とわかっている私 | main | 若いって素晴らしい! >>

    入学式

    0
       春3月、卒業式のシーズンですね

      我が家のお子様2名も、無事卒業式を済ませ、次のステップに入ります。

      おねえは大学へ

      息子は高校へ

      私たち夫婦は、いつも仕事に忙殺されてて

      子どもたちの学校行事はなかなか出席できませんでした。

      子どもたちも、寂しさを感じつつ

      しかたないと思ってくれてた部分はあります。

      だから、絶対「入学式」「卒業式」は出席したい!と思って
      調整して、参加してました。


      でも、お姉ちゃんの大学の入学式はもうそろそろいいようです。

      さすがに、親が一緒にいなくても大丈夫だそうで

      少しの、寂しさと安心感

      で、今度息子は高校1年生になります

      高校の入学式と卒業式は絶対参加しよう!と心に誓っていたのですが


      ・・・・まさか

      私も、主人も息子の入学式にはどうしても参加できなくなりました


      こればっかりは、仕事でしょうがありません。

      仕事は、責任がありますので無理に休むことも出来ないのです。


      これが、案外自分自身にきつかったようです

      いままで、いろんな部分で子どもに寂しい思いをさせていたので
      何とか、参列したくて。

      2月3月辺りから、準備をはじめていたのですが。
      この年度末に、まさかの人事・・・

      わかってはいるんですよ、そろそろ仕事でも大きな変革期だということは
      その時が来たんですよね


      息子に、昨日
      「お父さんも、お母さんも入学式にいけない」
      「誰か、他に人に参列してもらうかも」

      そしたら、
      「いいよ、でも自分の知ってる人にしてね」
      って返事でした。


      高校生の男のこですから、親なんて来なくてもいいよ!っていう人もいますが
      でも、高校生の入学式に誰も来ない子はほとんどいないはずです。


      今の時点では、参列してくれる人すらいない状況です。

      そんな、ことを考えてると

      本当に、泣けてしまった・・・・・


      こんなに、きついのか

      こんなことをいうのは甘いのかしら・・・


      子育て | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - | -

        この記事に対するコメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://nakadai348124.jugem.jp/trackback/189
        この記事に対するトラックバック