彷徨うおばさん

ブログやるならJUGEM
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -
    << 健康は宝だと思うと、人生は中盤? | main | 業務ミーティング >>

    夫婦箸のプレゼント

    0

       今日、帰宅途中にデパートによって「夫婦箸」を買ってきました。

      明日、同僚の女の子の入籍お祝いを職場の皆でやるので
      何がいいかな?っと

      お箸だと「かさばらない」し、使わないとしてもしまってても「じゃま」にならないし



      で、ちょっと考えてみましたが

      「食べる」事をずっと一緒にしていると、家族になりませんか?

      私は西日本の育ちなのですが、旦那は東日本、というか関東地方の人

      でもって

      義母が「ハンバーグ」「カレー」という、子どもの為の食事ばっかり作った人

      我が家は、母が働いていたこともあり
      父親が結構「いばりんぼ」さんだったので

      「刺身」「煮物」の食生活中心
      (子どもの頃はこれがいやで、結局自分で作るようになったけど)

      正直、結婚当初は旦那の実家に遊びに行くと

      お義母さんのこころずくしのお料理は美味しいんだけど・・・次の日胃がつらい(-_-;)
      味が濃くて、結構食べられない・・・

      状態でしたねぇ
      まぁ、結局私はこの頃から、いまいち溶け込めない感があったのですが
      (今は?・・・えへへ)



      旦那も、なんだかんだいってそんな料理が好きだったのですが
      今では、薄口・和食好き・魚好き(煮魚の頭も食べるようになったもんね)

      ずーっと(今年で20年!)一緒に住んで、食事を共にすることで
      家族になって、その家族の味が出来上がるんですよね

      だから、新しい夫婦になった彼女に「お箸」を送るように決めたんですよね

      私たちの職業って、ホントに休みがないので
      お互いすれ違いになりがちなんです

      だから、出来たら1日1回は食事を一緒にとりたいのですが
      正直、それもままならない

      だから、1週間に7回とか6回とかでいいから(これでも、きついけど)
      一緒にご飯食べてね〜って、メッセージと共に渡しました。

      必ず、手作りじゃなくてもいいと思うんですよね
      惣菜でも、レトルトでも、冷凍食品でも、なんでもいいと思います

      とにかく、一緒にご飯食べる時間を大切にして欲しいなぁ

      そして、子どもが出来たら
      「お母さんの味」っていうのを作れるといいな!

      んん?でも、我が家の子どもたちは「お母さんの味」ってナンダ

      じっくり考えたら、わかんないもんだなぁ


      私には、母の味ってあるんですよね。
      「手羽先揚げ」「かしわご飯」が母の味だなぁ

      最近、まねて作るのですが
      「手羽先揚げ」はやっぱり、母のようにはうまくいかないですね。
      出来立ては、美味しいのですが
      母の作ったものは、さめても圧倒的に美味しいんですよね
      「かしわご飯」は、ちょっと近づいてきたかな?

      こうやって、考えてると

      本当に「同じ釜の飯をくう」って事は、本当なんだなぁって思います

      「食」って、ただ栄養を取ればいいんではないですね

      心と体と、仲間と家族に必要なものなんですね

      これから、もうすこし「食べること」を大切にして、楽しむ余裕を持ちたいなぁ

      そういえば、実家の諫早にある「野絵留」のママの食事の写真はいつも
      美味しそうで、楽しみなんだよね

      私もあんなふうに、食を楽しみながら家族と生活したいなぁ
      日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - | -

        この記事に対するコメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://nakadai348124.jugem.jp/trackback/178
        この記事に対するトラックバック