彷徨うおばさん

ブログやるならJUGEM
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -
    << あけました!おめでとうございます! | main | 娘とのその後 >>

    娘の気持ち

    0
       娘が、お正月から風邪をひいていて
      ずーっと、なおりません。

      昨日は、いったん家を出たものの途中から帰ってきたようです。

      病院で診断してもらったら、マイコプラズマ肺炎でした。

      入院するほどのものではないけど、しっかり薬を飲むことが大事ですよね。

      実は、よく見てると

      飲んだり、飲まなかったり・・・・
      3回のところを2回だったり、1回だったり・・・・・

      って、感じでした。

      昨日も、夕食の後

      「薬、飲みなさい」

      って言ったら、

      「部屋で飲む」

      といって、部屋に入りましてね。

      暫くして、私のほうから娘の部屋にいって

      「薬、飲みなさいよね」

      って、言ったら

      「後で、飲むから!!」

      ちょっと、切れ気味で返事が返ってきました。

      その後、主人がかなり早めに帰宅(たぶん、娘のことが心配だったからでしょうねぇ)

      薬のことを、気にして娘の部屋に入っていきましたが・・・・・・

      なにやら、揉めてます(涙)

      主人も、今までの事や、学校のこと、これからのこと
      娘の態度や、体調管理についてのこと、諸々

      色々思いがあったんでしょうね、今まで見たことがないくらい娘に向かって
      叱ってました。

      そばで聞いていても、私の心が苦しくなるくらいの状況でした。

      娘の気持ちも爆発して、心と体で一生懸命反応してました。

      9時くらいから結局12時過ぎまで、いろいろなことが起こりました。

      最終的には、娘の気持ちは

      「寂しい」「自分の事を見てくれてない」

      でした。

      わかっていたんですがね

      初めて、娘が小さな子どものように、わんわん泣きました。

      その背中を見ていたら、本当に本当に辛かったのんだとわかって

      抱きしめてしまいました。

      その後、しばらく抱きしめながら背中をさすったり強く抱きしめたりしながら

      彼女の生まれたときのことを話してあげました。

      彼女は、私の両親と、主人の両親ともの初孫で

      みんなが待ち望んで生まれてきたこと。

      里帰り出産だったので、予定日に東京から主人が来る予定になっていたのですが

      主人の来る前日に破水してしまったのですが、娘は主人を待つかのように

      お腹にいて、なかなか出てこず、結局1日半以上陣痛と付き合って

      主人を待つようにして最終的には帝王切開で生まれたこと。

      その後、感染して生まれた娘は小さな手に点滴をして保育器に入り

      その姿が痛々しくて、皆が心配していたこと。

      いろんな事まで話しました。


      そんな後、娘は落ち着いたのか自分からベットに入り

      小さな声で

      「ごめんなさい」


      その言葉を聞けただけで、私も主人も嬉しくて仕方ありませんでした。

      辛くてきつい夜でしたが、娘の気持ちを聞けた素晴らしい1日でした。

      そして、これからは娘と沢山話したり、どこかに出かけたりしたいと

      とっても、とっても思いました。


      子育て | permalink | comments(16) | trackbacks(0) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - | -

        この記事に対するコメント

        よかった。
        本当によかった。

        身体いっぱいに寂しさを伝えようとしているのを見つけてもらって安心して眠れたのですね。

        風邪こっちの風邪がうつってしまったか…と心配してたけどマイコなら東京でもらってたかな?
        早く治りますように。
        いもーと | 2012/01/13 8:40 PM
        胸が熱くなりました。。
        ご家族のこれからの毎日に、たくさんの笑顔や幸せが訪れますように…。
        ユララ | 2012/01/15 12:00 AM
        もらい泣きだー
        くま | 2012/01/15 1:17 PM
        よかった、よかった。本当によかった。
        子育ては苦もあり楽もあり。1歩ずつだね。
        タクシーママ | 2012/01/15 10:01 PM
        なんだかんだといっても、親子じゃないか!!
        他にどんな理由が必要ですか..(笑)
        あ〜〜〜〜〜〜よかった。
        arakansin | 2012/01/15 10:53 PM
        ふー(・・・と満足の溜め息が出てしまう、胸がいっぱい)、よかったですねー♪
        山こえ谷こえ、皆さんで幸せを築いて下さいね!
        どくとるくま | 2012/01/16 6:49 AM
        いもーとよ、ホントに長かったよ・・・

        でも、解決ではないけどね。
        ちょっと、進んだ感じかな?
        でも、これからまた別の問題が
        次から次だね

        kyotiri | 2012/01/16 4:17 PM
        ユララちゃん、こんにちわ
        今まで娘もきつかったんでしょうね

        これからは、少しあゆみよれると思います。
        自分の子どもとはいっても
        やっぱり、わからないものですね。
        向き合わないとね
        kyotiri | 2012/01/16 4:22 PM
        くまさん、私も泣いちゃったです。

        旦那も涙目でしたよ。
        kyotiri | 2012/01/16 4:25 PM
        タクシーママ

        小さな1歩だけど、私にとっては
        大きな1歩だったよ。
        辛かったのね、皆。
        kyotiri | 2012/01/16 4:28 PM
        arakansinさん

        血のつながりって不思議
        本当に強いものですね
        これは母親なんでしょうね
        kyotiri | 2012/01/16 8:35 PM
        どくとるくまさん

        ホントに山あり谷ありです
        望んで産まれた子どもは、本人には
        分からないんですよね。
        でも、やっぱり子どもは自分にも
        旦那にもかけがえのないものだと
        再認識。
        が、大切なものほど見失いがち・・・ははっ
        kyotiri | 2012/01/16 8:38 PM
        子供の気持ちを知るのは難しいですね、新米パパは日々勉強中です・・・
        書き込みありがとうございました。
        こちらで連絡が取れますか?
        ラテぴょん | 2012/01/16 11:33 PM
        京ちゃん、やっぱり母と娘の絆って強いんだねえ。
        うちはタクシーママと同い年の娘がいるんだけど、不安定なお年頃です。今日が高校受験の日。
        こんな日に夜は家に居てあげられない父親です。
        バイカー修 | 2012/01/17 10:23 AM
        ラテぴょんさん。ありがとうございます。
        よそのお子さんを育てるより、自分の子どものほうが、何100倍も難しい。

        実は、メール送ったのですが(トラブル解消!)
        ここで、ちょっと。
        実は3年前のガイドしてもらった生徒が
        3月からカナダに留学するので、色々情報を
        ほしいみたいなんです。
        お返事は、ここでもメールでもいいので
        お願いします。
        kyotiri | 2012/01/17 1:58 PM
        修さん、こんにちわ。

        娘と私は、絆が強いんだねって言われたことがあります。
        そのことはまだわからない部分もあるのですが、
        修さんのお嬢さんも今日、試験ですよね。
        本当に一生懸命がんばってきたのでしょうから
        その事がきっと、お嬢さんも成長しますよね。
        そして、親はどんどん置いてけぼり(笑)
        でも、その背中がたくましく感じます。
        kyotiri | 2012/01/17 2:02 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://nakadai348124.jugem.jp/trackback/153
        この記事に対するトラックバック