彷徨うおばさん

ブログやるならJUGEM
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -

    入学式

    0
       春3月、卒業式のシーズンですね

      我が家のお子様2名も、無事卒業式を済ませ、次のステップに入ります。

      おねえは大学へ

      息子は高校へ

      私たち夫婦は、いつも仕事に忙殺されてて

      子どもたちの学校行事はなかなか出席できませんでした。

      子どもたちも、寂しさを感じつつ

      しかたないと思ってくれてた部分はあります。

      だから、絶対「入学式」「卒業式」は出席したい!と思って
      調整して、参加してました。


      でも、お姉ちゃんの大学の入学式はもうそろそろいいようです。

      さすがに、親が一緒にいなくても大丈夫だそうで

      少しの、寂しさと安心感

      で、今度息子は高校1年生になります

      高校の入学式と卒業式は絶対参加しよう!と心に誓っていたのですが


      ・・・・まさか

      私も、主人も息子の入学式にはどうしても参加できなくなりました


      こればっかりは、仕事でしょうがありません。

      仕事は、責任がありますので無理に休むことも出来ないのです。


      これが、案外自分自身にきつかったようです

      いままで、いろんな部分で子どもに寂しい思いをさせていたので
      何とか、参列したくて。

      2月3月辺りから、準備をはじめていたのですが。
      この年度末に、まさかの人事・・・

      わかってはいるんですよ、そろそろ仕事でも大きな変革期だということは
      その時が来たんですよね


      息子に、昨日
      「お父さんも、お母さんも入学式にいけない」
      「誰か、他に人に参列してもらうかも」

      そしたら、
      「いいよ、でも自分の知ってる人にしてね」
      って返事でした。


      高校生の男のこですから、親なんて来なくてもいいよ!っていう人もいますが
      でも、高校生の入学式に誰も来ない子はほとんどいないはずです。


      今の時点では、参列してくれる人すらいない状況です。

      そんな、ことを考えてると

      本当に、泣けてしまった・・・・・


      こんなに、きついのか

      こんなことをいうのは甘いのかしら・・・


      子育て | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

      大人育て

      0
         最近、若い女の子とじっくり話すことがありました。

        その子と、深く向き合って話しました。

        母と娘のことで

        私は「母」目線

        彼女は「娘」目線

        いろんな事を話しているうちに

        私自身が娘だった頃、「母」にとった行動や気持ちを思い出しました。

        そして、今

        自分の娘が私との関係で苦しんだことを思い出しました
        (まぁ、まだ娘とはギクシャクしてますけどね)


        私が、まだ高校生だった頃
        母親の職場の病院にいったことがあります

        そのとき、母は何を伝えたかったんだろう・・・・

        そして、2人でお昼を食べた時

        「高校で学ぶことの大切さ」
        「資格を持ち、自立できる力を持つことの大事さ」
        を、話してくれたことを鮮明に覚えてます。
        諫早駅前にあった、食堂でした。今あるかな?


        そのおかげで、今は資格を持って経済的に自立した生活をおくれています

        当時の母の立場を考えると
        きっと、いろんな思いがあったんだろうと思います。

        特に、母は中学を卒業しすぐに看護の専門学校に進学しましたが
        「中卒」扱いだったため、苦労をしていると思います。
        それに、私の父と結婚したのも大変な苦労の連続ですしね(笑)

        そして、今自分が当時の母と同じ立場にあるんですが

        今、娘に何を伝えたいんだろう

        でも、母としてきちんとしているんだろうか

        いつも、自問自答です


        そして、今回
        娘とそれほど変わらない女の子の話を聞きながら

        彼女も忙しい母に寂しさを感じ、ギャップを感じ
        ぶつかり合い、最終的には

        「うざい」の一言で無視しあう関係だったそうです

        でも、いろんな事が重なり
        彼女は自分の母親にやっと素直になり、感謝の気持ちをもてた

        でも、またなれていくうちに母に甘えて
        感情をぶつけ合い、喧嘩してしますのでは?と不安に思った

        自分のお母さんの体調を心配し、やっぱり大好きfだと確認したようです

        そこには、夜遅くまで子供のために働く母の姿があったからです。

        羨ましかったなぁ

        我が家はどうなんだろう・・・・

        私は、どうなんだろう・・・

        こうやって、子どもに大人育てをしてもらってます。
        子育て | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

        子育てって

        0
           ホントに、更新サボってました。

          忙しいってのは、いいわけで

          正直なところ、自分の気持ちが整理できてないから

          子育てって難しい。

          勉強がすべてではないのは、自分が一番分かってる
          でも、その勉強でいろんなことが決まるのも分かってる
          そして、その評価の意味も自分が一番分かってる

          自分だって、勉強を頑張ってきたとはいえない

          楽して、楽な方へ向っていって
          あとで後悔したことだって、いまだっていっぱいある

          でも、勉強が出来ないのは
          子どものせいだけじゃないはず

          親の関わり方にも問題があると思う

          忙しいからってね

          子どもの大事なタイミングを逃したことは数知れないかも

          そんな、自分のふがいなさと

          自分が独りぼっちだと感じる時がある

          夫婦として(男女)はいい関係だと思う

          でも親としては、どうだろう

          関わり方って難しい

          久しぶりなのに、愚痴でした
          子育て | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

          娘とのその後

          0
             娘との、その後ですが・・・

            色々な変化が起きています。

            実は、あの夜の後

            私たちも、少々疲れてしまって布団に入るとすぐに寝てしまったのですが

            3時くらいでしょうか?

            私の腕を触って起こす娘がいました。

            「気持ちが悪い・・・・」といって

            主人も起きました。

            私も主人も

            「ここで寝なさい」

            そして、娘は(実は164僂了笋茲蠖板垢蝋發ぬ次忙笋離戰奪箸砲發阿蠅海鵑任ました


            私は、小さかった頃のように胸に抱きかかえるようにして

            娘の背中をさすりながら

            朝まで、ゆっくりと寝ることができました。

            その日は、実際学校には行かず休んでいましたが

            次の土曜からは学校に登校できました。


            土曜日は、お昼に池袋で待ち合わせをしてお昼をとりました。

            対して話をしたわけでもないのですが、2人で過ごす時間を感じながら

            家に帰りました。


            その後はとっても、落ち着いています。

            今日も、朝同じ電車で池袋まで行きました。

            池袋で分かれるときに

            「じゃーね、いってらっしゃい」

            「バイバイ」

            こんな小さなことでも、この2年間では大きな出来事です。



            それから、この間夕食時に話をしていたら


            「私、クラスに友達いないもん」

            この言葉を聞いて、ちょっと・・・・きました


            まぁ、女子高だからなかなか難しいのはわかるし

            部活のお友達はいるのは知ってるし、中学時代の友達も知ってるから

            そんなに大げさには受け止めないようにはしましたが


            学校は楽しくないのでしょう。

            ホントは、部活をやめてバイトでもしたらいいのに(娘の学校は禁止だけど)
            と、思ってましたが


            部活は楽しいんですって

            楽しい場所が1つあればいいか!

            なんだか、ひとつひとつゆっくり進んでいってるようです。

            4月からは高校3年になるので、また大きな嵐はくるでしょうが

            どっしりと構えていましょう。



            子育て | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

            娘の気持ち

            0
               娘が、お正月から風邪をひいていて
              ずーっと、なおりません。

              昨日は、いったん家を出たものの途中から帰ってきたようです。

              病院で診断してもらったら、マイコプラズマ肺炎でした。

              入院するほどのものではないけど、しっかり薬を飲むことが大事ですよね。

              実は、よく見てると

              飲んだり、飲まなかったり・・・・
              3回のところを2回だったり、1回だったり・・・・・

              って、感じでした。

              昨日も、夕食の後

              「薬、飲みなさい」

              って言ったら、

              「部屋で飲む」

              といって、部屋に入りましてね。

              暫くして、私のほうから娘の部屋にいって

              「薬、飲みなさいよね」

              って、言ったら

              「後で、飲むから!!」

              ちょっと、切れ気味で返事が返ってきました。

              その後、主人がかなり早めに帰宅(たぶん、娘のことが心配だったからでしょうねぇ)

              薬のことを、気にして娘の部屋に入っていきましたが・・・・・・

              なにやら、揉めてます(涙)

              主人も、今までの事や、学校のこと、これからのこと
              娘の態度や、体調管理についてのこと、諸々

              色々思いがあったんでしょうね、今まで見たことがないくらい娘に向かって
              叱ってました。

              そばで聞いていても、私の心が苦しくなるくらいの状況でした。

              娘の気持ちも爆発して、心と体で一生懸命反応してました。

              9時くらいから結局12時過ぎまで、いろいろなことが起こりました。

              最終的には、娘の気持ちは

              「寂しい」「自分の事を見てくれてない」

              でした。

              わかっていたんですがね

              初めて、娘が小さな子どものように、わんわん泣きました。

              その背中を見ていたら、本当に本当に辛かったのんだとわかって

              抱きしめてしまいました。

              その後、しばらく抱きしめながら背中をさすったり強く抱きしめたりしながら

              彼女の生まれたときのことを話してあげました。

              彼女は、私の両親と、主人の両親ともの初孫で

              みんなが待ち望んで生まれてきたこと。

              里帰り出産だったので、予定日に東京から主人が来る予定になっていたのですが

              主人の来る前日に破水してしまったのですが、娘は主人を待つかのように

              お腹にいて、なかなか出てこず、結局1日半以上陣痛と付き合って

              主人を待つようにして最終的には帝王切開で生まれたこと。

              その後、感染して生まれた娘は小さな手に点滴をして保育器に入り

              その姿が痛々しくて、皆が心配していたこと。

              いろんな事まで話しました。


              そんな後、娘は落ち着いたのか自分からベットに入り

              小さな声で

              「ごめんなさい」


              その言葉を聞けただけで、私も主人も嬉しくて仕方ありませんでした。

              辛くてきつい夜でしたが、娘の気持ちを聞けた素晴らしい1日でした。

              そして、これからは娘と沢山話したり、どこかに出かけたりしたいと

              とっても、とっても思いました。


              子育て | permalink | comments(16) | trackbacks(0) | - | -

              不良品?

              0
                 この間、息子と三者面談のために廊下で座って待ってましたら・・・

                息子の上履きが



                こんなですよ・・・

                たしか、数ヶ月前に新しく買ったんでは???

                すごいでしょ、これ。男の子の歩き方と、足の成長?どうなってんの?

                これ一足2000円以上するんですよ

                また買わなきゃねぇって話してたら、

                「9月にならなきゃ、購買やらないよ!」

                ・・・・じゃー、夏休み中はこのままでいけ!

                おまけの食事日記、しばらく忙しくて



                22日の朝は、マックでした。
                昼は、何食べたっけ?
                夜は、・・・これも忘れた・・・やばい

                23日

                この日はめためたに忙しく・・・

                朝は、おにぎり(ワサビのつくだ煮入り)1個
                昼は、おなじくシャケおにぎり1個
                夜は、豚のひれ肉を焼いたものと野菜サラダとカボチャのスープ

                24日の日曜日は、これは写真撮れば良かった・・・

                朝、ガーリックライスを一口分(息子の物を奪った)

                昼、駒沢公園に行ったら太平洋地域のなんとかっていうイベントやってて
                  アボガトタコライス!!
                夜、サラダとハンバーグトマトソース煮込み

                以上でした〜
                子育て | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                授業参観

                0
                   この間、子供の授業参観デーだったので行ってきました。

                  この時期節電モードは学校でも同じ。

                  息子の教室は5階・・・

                  その日は東京の気温は30度超え・・・

                  ついた教室は、男子中学生の熱気とエアコンのついていない室温

                  暑いよ!

                  中2の男子は元気ですねぇ

                  「道徳」の授業だったのですが、担任の先生の配ったプリントを読んで
                  大事なところに線を引いて。。。

                  なんだか懐かしいなぁ

                  そのプリントには「知行合一」についてや、将来の夢の事や
                  「なぜ勉強しなくてはいけないのか」とかを考えさせる文章がのってましたよ〜

                  昔はこんな小さかったのに



                  これはそば体験をしている時の写真(横にはおねぇがいます。)

                  もう将来の夢とかを考える年齢になったんだなぁと、しみじみ・・・・

                  高校生のおねぇにいたっては、あと1年半で高校も終わり。

                  大学に行くのか、専門学校に行くのかで人生の大きな選択が来るんだね

                  頑張れよぉ!と思った授業参観でした。

                  子育て | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                  子育てって、自分育てか?

                  0
                     実は娘が先週の月から金まで学校を休んでました。

                    理由は、体調不良ではなく・・・(きっかけは微熱でしたが)

                    部活の人間関係と親子関係ですね

                    朝起こしても、起きない・・・私が出勤するぎりぎりの時間になってから

                    「体調が悪い」「熱がある」

                    と言いだすので

                    「お父さんにいいなさい」

                    と言って出勤したのが始まり。

                    お父さんと娘の関係がいま良くないからなぁ

                    「どうせ仮病だと思ってるんでしょ!」
                    「ほっとけよ!」
                    「うるせーよ!」

                    と、罵詈雑言の数々

                    学校の先生も無断欠席だけど何にも連絡してこないしね

                    とにかく、いまはどうにもこうにもなんないだろうねぇ

                    暫く様子をみて、話し会わなきゃねぇ

                    「忍耐と寛容」だな

                    子どもを育てるのは、自分を育てるようだね・・・・

                    でもさ、もーもーもーもーもーもーもーもー

                    なのよね。
                    子育て | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

                    息子からの苦言

                    0
                       4月の新年度、毎日が目が回るような毎日・・・
                      正直いって、仕事が終わって電車の中からもうぐったり

                      からの家までの道も、結構死んだ様な感じで歩いてます
                      ゾンビみたいね...

                      家に帰っても、夕食を作るのも適当

                      そんなときに、息子からの苦言が・・・

                      お母さんが疲れてるのはわかるよ
                      でもね、溜息ばっかりついてるよ

                      そんなんじゃ、お姉ちゃんだってお父さんだって
                      イライラするし、いい気持しないよね

                      俺はいいけどね、気をつけた方がいいと思うよ

                      す、すみません

                      たしかに「はぁ〜」っていってます。

                      中2の息子(決してお勉強はできないけど)はいつのまにか
                      成長してました。

                      そして、家族の事を冷静に見つめて
                      自分の気持ちもコントロールしようとしてるのかな?

                      いつの間にやら、大きくなったな

                      身長も私と変わらなくなったし、産まれたときは小さい赤ちゃんだったのに

                      喘息でしょっちゅう入院してたのに

                      ごめんなさい、気をつけます!

                      ありがとうね、息子や!



                      職場の桜はきれーいに咲いてますよ


                      子育て | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

                      どこも同じだね

                      0
                         今日、子どもが生まれたころからの友人とおしゃべり
                        玄関先でちょっとのつもりが・・・・

                        1時間くらいかな

                        彼女とは出産時期がほぼ同時期

                        子どもたちも、保育園の0歳児からの友達

                        彼女の子どもたちも、地震の影響で学校が休校で家の中でごろごろ

                        で、彼女は働くお母さんだから遅くまで帰ってこないことがおおいわけ
                        つまり、私とまったく同じような状況

                        今日は、地震の事や買物も情報やいろいろ

                        まさに井戸端会議

                        そのなかで、

                        「子どもたちは家でごろごろ、家事をやってくれるわけでもなく」
                         「もぉ、あきらめたわ・・・」

                        「家も〜!もう、ゲームとかネットとか、TVばっかり」

                        「ここで、怒ってもねぇ。期待しないでおけば、やってくれたらラッキー?」

                        「そうそう、その位が精神的にいいよねぇ」

                        やっぱ?
                        どこもそう?

                        家にいる子どもたち、外に遊びに行くこともなかなかできないし
                        友達とも、なかなか遊べないもんね

                        だんだん、ストレスがたまってんのかしら?
                        やっぱり、彼女の高校生のお兄ちゃんも、昼夜逆転してる可能性あり!
                        だって

                        「勉強をするわけでもないし・・・」

                        「そうだよねぇ、宿題とかもまだまだ期限先出しねぇ」

                        「家にいて、ごろごろしてる姿見るとイライラしちゃうよね〜」

                        「そうそう、私も今日は何かと用つくって外出したもん」

                        はぁ〜、同じだねぇ

                        「お母さん、仕事大変でしょ。私たち家にいるんだから家事は全部任せて!」
                          「勉強も大丈夫!宿題ないけど4月からの準備で勉強するよ」

                        と、いうのは夢か。

                        大人にとって、いい子を望むのはまず無理だわね

                        だって、思春期ですもの〜!反抗期ですもの〜!

                        それに、0じゃないしね。

                        ちょっとはやってくれてるし。こちらの望むレベルを期待することが
                        大人のエゴよね・・・・

                        まー、どこも同じってことよね

                        さー、気分転換!BS2でやってる「RENT」を見なきゃ!!!
                        子育て | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -