彷徨うおばさん

ブログやるならJUGEM
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - | -

    「レッスン!」

    0
       私は小さい頃から海外ドラマが大好きで!
      長崎は民放が少なく、海外ドラマが多かったせいかな〜

      「大草原の小さな家」
      「がんばれベアーズ」
      「警察野郎、ジョン&パンチ」(ちょっとあいまい)とか

      中学生辺りから洋楽や洋画に走るようになり、いとこと
      映画雑誌「スクリーン」を読みまわしてましたよ

      で、水曜にBSで見たのが


      アントニオ・バンデラス主演の青春ダンス映画?ですかね
      ストーリは単純ですわ。

      不良の高校生を、社交ダンスで更生させる話し。ぶった切るとね

      話はおいといて、ダンスが楽しいの!!

      私は、ダンスが大好きでミュージカルやのりのいい音楽を流すと
      体が動くタイプなんでね

      高校生の体はしなやかだわ〜、この歳になると

      あっちが痛くて、こっちも硬くなり、おもったような動きができない・・・

      ダンスの動きと運動神経は関係ないんだけど

      私は、音楽が流れると歩いててもステップを踏みたくなるのよねぇ

      そんな楽しい感覚を呼び覚ますのが映画!

      今から見たい映画が目白押し!!

      「マイバックページ」
      「プリンセストヨトミ」
      「クロエ」
      「ゲンスブールと女達」
      「軽蔑」
      「八日目の蝉」

      あーもう!時間が足りないよぉ。おまけにTVでもいいの流すし・・・

      DVDも再度見たいのがあるのね。

      「ブラザーサン・シスタームーン」
      「かもめ食堂」
      「NINE」

      うううっ〜、神さま!私に時間をくださーい。


      映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

      「大木家のたのしい旅行〜新婚地獄篇」

      0
        わたしゃ、締切が21日(1つ)あっと、間違えた24だ!
        と26日(2つ)の仕事をちっともやらず

        尻に火が付き、背中が燃えまっくってます。はやく仕事しろよ!

        と声が聞こえてますが・・・

        こんな時こそ、人というのは逃げるのだよ

        そして、私は逃げました。映画に!
        (真剣にいうと、まずいです。今日か明日は徹夜ですね〜)

        行ってきましたよぉ、愛しい竹ちゃんの映画に!!

        arakansinさんも「ナイス!」と言ってる竹ちゃん!
        JTのCM(缶コーヒーROOTのね!)も良いでしょ〜

        「大木家のたのしい旅行〜新婚地獄篇」

        内容は、ネタばれなので書きませんが

        笑っちまいました、はい

        まず、水川あさみちゃん。可愛い〜、倦怠期の感じがいい!
        (プラベートで彼氏と倦怠期?なのって聞きたいくらい)

        樹木希林・片桐はいり・でんでん・荒川良々の脇をかためる俳優が

        おもしろすぎるぅ

        もちろん、主演の竹ちゃんも「素はこれ?」って聞きたくなるくらい

        倦怠期の新婚夫婦の会話と言うのが「つぼ」にはまります

        実は、旦那と見に行ったんですよ。

        見終わった時に、「世の中の旦那はみんな、あーなんじゃん」って

        いやいや、あれはね


        竹野内 豊が

        演じてるからゆるしちゃるのよ、一般人のあんたたちは

        だめなのよ!!!(鏡を見てからいえ!)


        こんなシーンがあるんですよ、水川あさみちゃんの咲がベットで眠れないでいた時に

        竹ちゃんである旦那のノブもたまたま起きちゃった・・・みたいな

        その時に、咲が「うれしい」って「いつもは寝てるから・・・」って

        わかる〜、なんだか眠れない時によこですやすや、いや、ぐーぐー?

        って寝てられると、訳も分からす腹の底から「イライラ〜」が湧き上がるのよね

        でも、竹ちゃんは本当にカッコよかったです。ハイ

        おまけに、5月14日の公開日の舞台あいさつをやった新宿バルト9まで

        見に行ったの!ああー、ここに立ってたのね〜、なんて妄想爆走中

        で、最近この映画の為かメディアの出まくりの竹ちゃん

        そこで、「結婚したい」「相手を探さなきゃ」だのとやたら言ってます

        たぶん、「私が結婚してあげるわぁ!!」って叫んだ人は多いはず。

        私も旦那に

        「私も、竹野内豊と選べって言われたら、ごめん・・・竹ちゃんだわ」

        って言ったら、「ばか・・・」って言われました。くそー

        わかんないぞ、世の中は!!

        とにかく、おもしろいよ。カップルで見てください


        映画 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

        「ブラック・スワン」

        0
          今日、やっと観てきましたよ!
           
          ナタリー・ポートマン主演

          第83回、アカデミー賞主演女優賞受賞おめでとう!
          ゴールデングローブ賞主演女優賞おめでとう!

          バレエが扱われてるのと、海外在住の日本人の方の評判がよかったので
          みよう!!!

          と思ってましたの〜

          おまけに、この映画がもとで「できちゃった結婚」したナタリー

          こんな話題もありましたし、1年近くかけてバレリーナの体を作った彼女の根性!

          も興味津津でしたからね

          内容は、サイコホラーなんですがね・・・・

          私は、好きです

          途中に、ちょいちょい「いたー!」「いやぁー」とかはありますが

          主人公の「ニナ」が自分の中の黒鳥を捜すうちに「狂気」のなかに入りこんでゆく

          母親との関係や、監督からの要求に対し応えてゆく彼女の

          現実と妄想の境界のあいまいさ。

          いやー、よかったわ

          それから、やはしバレエの踊りは練習したね、うんうん頑張った!感は
          ありました。なぜかというと・・・

          わたし、マーゴット・フォンティーンの舞台を見たんだな「瀕死の白鳥」

          もう、50代だったから上半身の動き中心の踊りだったけど、

          腕の動きは本当に白鳥でしたよ。人間じゃなかった・・・だって泣いたもん

          その動きと比べるとね。
          (それ考えると、森下さんは凄すぎるわ!60代でも現役だもん)

          でも、黒鳥の表情はさすが女優!ですわ

          もうひとりのニナ(欲望や嫉妬?)が出てましたね〜

          でもさ、アメリカ人ってこうゆうの好きよね、天使か悪魔かみたいな

          キリスト教じゃなくて、天使信仰じゃね?(ラファエルとかさ)

          まっ、この映画の主演ナタリーはやりましたね!

          ハーバード大の彼女、かしこさをぶっ壊したような感じ。いいわぁ

          最後は、もちろんハッピーエンドではありませんよ。

          でも。みる価値あり!だね。

          さぁ、次は「大木家のたのしい旅行」(音でます)だわ!
          映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

          映画「冷たい熱帯魚」

          0
             最近、ちょっと不良でして・・・

            仕事の帰りに映画によることが多く(その分帰りは遅いです)
            また、見てきました

            「冷たい熱帯魚」 (HPに飛びます)



            メジャーな作品もたくさん見ますが、結構この手も見るんですよね

            まぁ、今回は作品そのものは凄さを感じますし
            役者は粒ぞろいです。

            存在感の凄い人ばかりで、名バイプレーヤー目白押し!!

            ですが、今回は

            ちょっと、きつかった〜
            (それだけ、パンチはありますよ)

            この作品は、ヨーロッパでは高い評価のようです。
            うん、よく分る・・・

            北野武の映画は、フランスとかではめちゃくちゃ評価高いでしょ?
            でも、日本では。。。。ね(と、そんな感じです。わかってもらえるかな?)

            食事前にはやめたほうが。。。。
            ストーリーは、興味のある方はHPで見ていただいて
            見るか、見ないかはご自分で

            ただ、何でしょうかねぇ
            この監督が「すくわれない家族」を描きたかったといってるのですが

            この映画のような「家族」はそうそういないでしょうけど(いたら怖いって。。。)

            自分で生きようとしない大人、問題に向き合えない大人
            そんな大人が「家族」になったら、「救われない」のかな?

            それから、人間って時にコントロールされてしまうでしょ、そうなると
            どんなに悪いことだと分っても、やってしまうんですよね

            そんな、怖い映画でした・・・・ホラー映画ではありませんが。

            R18指定です。

            確かに、子どもには絶対見せないほうがいい、TVでも放送できないだろうなぁ
            深夜枠ならいけるかな?
            でも、久しぶりに心に「とげ」が刺さったままで映画館を出ましたよ。

            映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

            映画「毎日かあさん」

            0
               最近の日本の映画はとてもクオリティが高くて、ほとんど邦画を見てますねぇ
              (昔は、洋画ばっかりだったけど)

              さて、最近また見てきました!

              「毎日かあさん」です!(音でます)

              (映像はお借りしました!)

              小泉今日子主演で、夫役が元旦那さんの永瀬さんということで
              話題にもなりましたね。

              キョンキョンはアイドル絶頂期の頃を知ってますが(同年代(^^♪)
              すっかり、素晴らしい女優さんになりましたね!
              (舞台も見ましたが、よかったよ!)

              そして、この原作は西原理恵子さん
              この「毎日かあさん」は毎日新聞の日曜版に連載されています。
              彼女は、とにかくストーリが凄い!

              最初は彼女は嘘は書かない!というポリシーで、体当たり取材をもとに漫画を
              書いていたのですが、この「できるかな」シリーズも面白い!

              で、その後たくさんの作品を出しています。
              本当に抒情的で、心にひびく素晴らしい作品が多いです。


              (毎日かあさんからの1コマ、全てWEB上からお借りしました)

              特に、この「毎日かあさん」の映画は癌で亡くなったご主人とのエピソードが
              描かれた作品です。

              夫役の永瀬さんも、映画の中では、かなり体重を落としたようで
              本当に役になりきっていましたよ。

              お話は、書くとネタばれになるので書きませんが・・・

              西原さんの原作の映画は結構ありましてね。

              蒼井ゆうちゃんが声の出演をした「いけちゃんとぼく」(音でます)
              これは、西原さんからなくなっご主人へのラブレターのような映画でした。

              菅野美穂さん主演の「パーマネントのばら」(音でます)
              女の人だったら、絶対なにか感じる内容でしたねぇ

              とにかく、この凄さはなにかというと
              西原さんの人生が凄い(どん底ってこんな感じなのかって思う)
              私なんて、温室だわ・・・と思います。

              そのなかで培った「強さ」と「優しさ」と「懐の深さ」ですかね

              それらが、作品のなかにちりばめられてます。

              決して上品ではないでしょうけど、「生きるってそうだよね」と
              思わせる作品ばかり

              元気がなかったり、迷った時なんかは結構読んでるなぁ

              女性の方も、男性の方も是非!!
              映画も、作品のほうも読んでみて下さいよ。






              映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

              「太平洋の奇跡」

              0
                 今日、観てきました。


                        映像はこれ(音でます)



                (映像はお借りしました)

                興行ランキング1位スタートとのことで、
                午後からの回でしたが、混んでました。

                圧倒的に、年齢層は高かった・・・場所にもよるのかしら?

                まぁ、それはいいとして

                私の感想を一言で表すと、「怒り」です。

                内容も、俳優陣もそれは素晴らしかったですよ。

                最初は、竹野内豊ファンということで「観る!!」と意気込んでいましたが
                2月に入り、映画のキャンペーンでたくさん竹野内さんがメディアに出て
                映画の事を宣伝したり、
                サイパンの事を特集したりしたので、私もたくさんの史実を知りました。

                映画は、日本とアメリカと両方の視点から描かれています

                もちろん、主演の竹野内さんは本当にいい役者さんだと再確認できました。

                なぜかというと、映画の中では、竹野内さんの顔がどんどん
                変ってゆくんですね。

                きっと、日本兵の顔ってこんな感じなんだろうなと思わせる力がありました。

                大場隊を投降させることに力を尽くす阿部サダヲさんもよかった。

                そのほかには、民間人で家族をアメリカ兵によって失う看護師役の井上真央ちゃん
                が素晴らしかった!!

                で、なぜ「怒り」かというと

                戦争というものに対して感じたんですね、

                理由としては、特に大場さんという方が元地理教師だったからかもしれません。

                実は、私も大学では「地理」を学んだので。

                私が大学1年の時、大学で先生がこんなことを言ったんです。

                「君たちは、もし戦争中であるなら絶対に最初から指揮官クラスになるぞ。」
                「なぜなら、地形図が読めるからな、戦争中は地図は機密情報だし
                とくに、地形が読めるというのは軍事には最も重要だからだよ」と、
                (まぁ、20年以上も前なので正確ではないけどこんな感じ)

                今回の映画でも、竹野内さんがサイパン島の地形を利用しているシーンがあり
                アメリカ兵も地形図をもって行軍しているシーンもありました。

                そこで思ったんですよね。

                今でこそ、私たちは地図は平和な利用しかしないし、考えないし
                (もちろん、もし今戦争が起こったら地形図なんてもう読まなくても
                いいんですけどね、技術力から言うと)
                でも、自分が学んだことが、こんな形で利用されていたのかと思うと
                たまりませんでした。

                それに、当時はアメリカ人の事をまるで人間ではないように教えているわけだし
                教育の力にぞっとしたんです。

                当時の日本兵(特に実際に戦った方々)は私たちの周りにいるような人たち
                もちろん、自分の家族や友人だって70年前なら戦争に徴兵されていただろうし

                そして、戦争末期には学生だって動員されて、まるで使い捨てのように
                激しい戦地に送られて、

                日本は「玉砕」することに美徳とし
                でも、アメリカは生き残ることを良しとし、自ら命を絶つような日本人は
                理解できなかったんですよね。

                誰が悪いのかとかいうのではなく、みんな本当は死にたいなんて思わないのに
                戦争は人をおかしくするのでしょう。

                でも、きっと日本兵の方々は「お国の為」といいながら
                本当は「自分の家族や愛する人の為」だったんでしょう。

                そんな事を考える素晴らしい映画だったということです。
                事実に沿ったお話だから、ものすごい力があるんですね。

                確かに、若い人に見てほしいといのは理解できます。
                そのために、キャストだったと思うしね。

                私も、子供にみせよう!と思いました。
                私は戦争は知らないし、想像すらできません。

                でも長崎出身ということも背景にはあるのでしょうか、
                戦争のおそろしさとか、おろかさは子どもの頃から感じていたと思います。

                今回の映画は、いろんな意味で私の心の中をひっくり返した感じがします。
                そして、いつまでも「学ぶ」ことをやめてはいけないとも思いました。

                実際に起こった歴史を、私たちは学ばなければいけないんだと

                とっても強く思いました

                そのためには、こうゆう映画やドラマは大きな力を持ちますよね。
                (でも、逆に誰かの都合のいい内容にされる怖さもあるけど)

                自分で、学び、知り、考え、判断することが一番大事なんでしょう。

                映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                映画「武士の家計簿」

                0
                  今日、やっと観たかった「武士の家計簿」に行きました。

                  「映像はHPより、お借りしました」

                  特に、すきな俳優さんが出てるわけでもないのですが、以前予告の映像をみて何となく
                  みたいなぁと。
                  娘と話していたので、一緒にいこうと思っていたのですが。。。。

                  結局、一人で行きました(娘は友達と行くそうです)

                  内容は、幕末の頃加賀藩の御算用だった猪山家の家計簿をもとにしたお話で

                  主人公の猪山直之が結婚し、加賀藩の為に働き、子供を育て、両親を看取り

                  逝去するまでの話なんですが。

                  泣けて泣けて仕方ありませんでした。

                  ただ、一つの家族の歴史を丁寧に淡々とつづった映画でしたが

                  主人公が、自分の父親と一緒に登城して自分の仕事にきちんと向き合うところから始まり。

                  結婚して、2つの家族がお互いに繋がり、食事を共にする。

                  妻は苦しい家計の中で、工夫をして、お弁当をつくって主人を送り出す毎日。

                  子どもが生まれ、家族が喜びあい、孫を祖父母が可愛がる

                  子どもが成長し、反発しながら親を追い越して行く。

                  その後、歳をとったものが、死んでゆく。時代は江戸から明治へと激動の時代では

                  あったのですが、きっとどの家庭もそうだったろうし、今も基本は変わらないんだろう。

                  今も、結構うるうるしてます

                  この映画を見ながら、主人公と同じように年をとっていった感じです。

                  仕事を始めたばかりの頃

                  結婚し、初めて子どもが生まれ自分の家族を持ったという感じ

                  その子どもを精いっぱい育て、仕事をしながら家計を守ること

                  それから、これからくるだろう自分の親を看取ること

                  子どもが、自分の下から巣立ってゆくだろう未来

                  そして、年老いて自分の人生が終わるだろう

                  本当に、「はじめに終わりを思う」ことをしなくては、とか

                  うまく書けませんが、どんな親も子供を思いながら生きて、死んでゆくだと

                  思ったら、自分の親や姉妹、旦那や子どもたちとの時間を

                  本当に大事にしなきゃ。。。。と、しんそこ思ったんです。

                  あくまでも、これは私の受け取りかたで・・・・

                  しかし、昔の日本人はどうしてこんなに強く、優しく、厳しいのだろう

                  今の日本人には残ってるのでしょうか(少なくとも私にはまだまだありません)

                  すごく、いい映画でしたよ。お勧めです!

                  映画 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -